« 古の花 のかき氷 | トップページ | DVD 「UDON」 »

DVD 「手紙」

手紙 スタンダード版 DVD 手紙 スタンダード版

販売元:日活
発売日:2007/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。
直木賞作家・東野圭吾が描いた小説を映画化。加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない。

↑ ↑ ↑

DVD紹介文です。


紹介文にも書かれてますが、ほんまにヘヴィーですよ。この話は。
しょうがないんかも知れませんが、原作(小説)とちょいちょいかけ離れてます。
だいたい沢尻エリカはアカンやろ。原作はどっちか言うたらブサイクな子っていう設定やったんちゃうかいな?

沢尻エリカやったら二つ返事でOKですよ。

是非、小説も読んでください。
この話は小説の方がええかなぁ・・・
DVDは泣けへんかったけど、小説はかなり泣けました。。。

手紙 Book 手紙

著者:東野 圭吾
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


重た~い話しやけど、エエですよ。


|

« 古の花 のかき氷 | トップページ | DVD 「UDON」 »

まさやんの映画観賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古の花 のかき氷 | トップページ | DVD 「UDON」 »