« DVD 「手紙」 | トップページ | DVD 「夜のピクニック」 »

DVD 「UDON」

UDON プレミアム・エディション DVD UDON プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

BIGになるため讃岐を飛び出した男――松井香助(コースケ)(31才)。
田舎暮らしに嫌気がさした香助は父親と大喧嘩した挙句、NYへ・・・。だが、案の定、武者修行も夢半ばで挫折。たっぷり背負った借金に追われながらの凱旋?帰国。
大嫌いだった故郷では、いつも心配ばかりかけ通しの優しい姉と、うどんを打つことしか知らないガンコな親父、昔のままの友人たち、世話好きな近所のおばちゃん、そして、温かい「うどん」が待っていた。
そんな香助が、タウン情報誌編集者・恭子とともにひょんなことから出会った「うどん」の魅力は、次第に大きな湯気を立ち上げ日本中を包み込む・・・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

全米でコメディアンになる夢に挫折し、故郷の香川県に戻ってきた香助。うどん職人である彼の父親はそんな香助に冷たい。だがその父が急死。故郷の味・さぬきうどんに魅入られてきていた香助は、父が残した製麺所でうどんを打とうと決意をするのだが・・・。
こういった主軸となる父と息子、その家族の物語に、うどんブームに踊らされる人々やそれをあおるマスコミへの皮肉な視点が入るなど、さまざまなドラマが盛りだくさんに織り込まれたのがおもしろい。しかもほとんどが実話。ドキュメントとフィクションの中間を行く感じも斬新で、あまり見たことのないタイプの映画だ。そのせいか映画の方程式にあてはめて見たがるガチガチ頭の評論家には評判がよろしくないようだが、素直に映画を見れる人には好評なのもうなずける。見れば見るほど味わいあるぞ。

 ↑ ↑ ↑

DVD紹介文です。


これはおもろい!
どことなく、伊丹十三の「タンポポ」を思わせる作風。

ユースケ・サンタマリアの好演が光ります。

これ観たら、うどん食べたくなります。讃岐に行きたくなります。ガイドブックに載ってへんような超マニアックなうどん屋を探す旅に出たくなります。

観終わったあと、お腹はうどんモードになってましたが生憎うどんがなかったため、そうめんを食べてそうめん作りの職人さんに思いを馳せておりました。

ほんまにステキな映画です。
最後はちょっと感動もして・・・

是非、観てください。


話はちょっと脱線しますが、大学生時代の部の対外試合で香川県に行ったことがあります。
何泊かしたと思います。香川にいる時はうどんばっかり食ってたような気が・・・

もちろん美味しかったんですが、一つだけ不思議なことがありました。
未だ、それはなぜそうなのかわからないままです。

なんでおでんあんの?

行く店行く店おでんもありました。
香川ではうどんとおでんはセットなん?

「UDON」観ててもそんな感じじゃないし・・・

今度香川行った時に調査してこようと思います。


|

« DVD 「手紙」 | トップページ | DVD 「夜のピクニック」 »

まさやんの映画観賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DVD 「手紙」 | トップページ | DVD 「夜のピクニック」 »