« DVD 「UDON」 | トップページ | 東京マラソン2008 »

DVD 「夜のピクニック」

夜のピクニック 通常版 DVD 夜のピクニック 通常版

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

青春小説を書かせれば、独特の繊細な心の動きで感情移入させるのがうまい恩田陸の同名作が原作。年に一度、高校で行われる「歩行祭」。80kmを24時間で歩き通すというイベントに、3年生の貴子は、高校最後の思い出として、ある思いを胸に参加する。それは同じクラスの融に話しかけること。ただそれだけの一歩が踏み出せない深い理由が一夜のうちに明かされつつ、昨年は一緒に歩き、今はNYに暮らす親友の杏奈ら、クラスメートそれぞれの複雑な思いが交錯していく。
この映画版がちょっと残念なのは、展開のメリハリに欠けるところ。確かに歩行祭というイベント自体、生徒たちがダラダラと歩く部分が多いのだが、映画は、回想部分を挿入しながらも、テンポが緩いところが難。歩行全体の距離感の表現や、原作にはないドラマチックな要素が必要だった気もする。ただ、貴子役の多部未華子を中心に俳優たちはそろって健闘。誰かひとりに共感できれば、いつの時代も変わらない高校生のホロ苦さ、甘酸っぱさという感覚を分かち合え、胸がキュンと締めつけられるかもしれない。

 ↑ ↑ ↑

DVD紹介文です。


恩田陸さんの小説『夜のピクニック』のDVDです。
小説は図書館で借りて読んでおりましたが、半分ぐらい読んだところで返却期限がきてしまい、とうとう最後まで読むことができませんでした。

DVDなかなかよかったです。
恩田陸さんのは「ネバーランド」「夜のピクニック」の2作品しか知らんけど、どっちもエエなぁ。

恩田さんの青春モノはなんか懐かしく感じます。
高校生時代のほろ苦~いのがよみがえってくるような感じがします。

結末はなんとなく予想がつきましたが、エエ終わり方じゃないでしょうか?
で、問題の二人も意外とあっけなくわだかまり解けちゃうのねって感じです。

もうちょっと揉めてもOKやったんですけど・・・

原作も気になりますんで、また借りて読みたいです。

夜のピクニック Book 夜のピクニック

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« DVD 「UDON」 | トップページ | 東京マラソン2008 »

まさやんの映画観賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DVD 「UDON」 | トップページ | 東京マラソン2008 »