« 明日レースやぁ~ | トップページ | グリル小宝 ハイシライス »

舞洲トライアスロン参戦記

初体験満載のトライアスロン舞洲大会が終わった。

結果だけ見ると昨年の長良川よりも悪いけど、たくさん収穫があった。
次の珠洲につながるレースができたと思う。

レース前日から現地入りしたので、当日バタバタすることなく余裕をもってレースに臨むことができた。

朝7時に一緒に参戦する友人家族と合流し、最後の準備にいそしむ。
この時点ではまだ涼しかったんやけど・・・

8時40分・・・
おニューのウェットスーツに身を包み、気合いも注入!
8時50分・・・
気分良く海水浴=ウォーミングアップ
この時点ですでに疲れる

9時(スイムスタート 1.5キロ 750メートル×2周)
スタートの号砲が鳴り響く
1年ぶりの海水浴(レース)を楽しむ
200メートルぐらいですでにバテる。
ウェットスーツを新調しただけでタイムが伸びることはありえないと痛感。
スイムの練習をしてこなかったことを後悔する。

今まで見たこともない汚さの舞洲でもがき続ける・・・
舞洲在住のプランクトンを大量摂取。
ゴールは遠い・・・

スイムフィニッシュは予定よりも6分ほどオーバー

ふらふらになりながらバイクスタート (バイク 40キロ 約6キロのコースを7周)
いやらしい上りが2箇所もある・・・。ということは14回も上り坂をのぼらなアカンってことか・・・
なんとかアベレージ30キロペースで終われそうな雰囲気。
のはずが、最終周回から異変が・・・
ホイールが地面に当たってる感じがする。
ここでめちゃめちゃ悩む・・・。
すぐさまタイヤ交換するべきか、このままだましだまし最後の1周を漕ぎきるべきか・・・
ゴールまであと3キロぐらい。
チンタラチンタラ走ってたけど明らかに空気が抜けていってるのがわかる。
このまま走行を続けるのは不可能と判断し、バイクを降りすぐさまタイヤ交換にとりかかる。
競っていたピナレロさん(ピナレロのかっこいいバイクに乗られてた方がいたんです)が僕に背を向けて走り去っていく。
うだるような暑さの中、後輪のホイールを外しパンクしたタイヤを外そうとするが、これがなかなか剥がせない。
無情にも選手達がどんどん抜き去っていく・・・
ちょっと脱力。
気を取り直して力任せに剥がそうとするが相変わらずウンともスンとも言わない。
最悪や・・・
冷静に冷静に・・・
「あぁ、六角レンチあるわ」
これでなんとかなる。

六角レンチを少しずつ隙間にもぐりこませてなんとかタイヤを剥がすことに成功。
予備のタイヤをはめて携帯ポンプで空気を入れる。
ホイールをはめて残りの3キロを疾走。

バイクを降り、ランシューズに履き替え走り出す。(ラン 10キロ 5キロ×2周)
気が狂いそうなぐらい暑い。おまけにカラダも熱い。

バイク時に約1リットルのスポーツドリンクを摂取するが、ぜんぜん足りない。
とにかくカラダが水分を欲している。

カラダはめちゃめちゃ熱いけど、けっこう元気。思うように足は前へ出てくれないけど走れる。
最初のエイドステーション(給水所)。
あれっ?水だけ?スポーツドリンク無いの?
まぁエエか。
喉渇いて死にそう。
アカンとわかってながらもついついがぶ飲みしてしまう。(血中の塩分濃度が・・・)
一瞬のうちに腹がチャプンチャプンに・・・

次のエイド。
また水だけ。マジで?なんでなん?
またまたがぶ飲み。もう一本のボトルで頭にかけたり、首にかけたりしてとにかくカラダを冷やす。

倒れてる人が数名。
チームメイトやら救護の人が付き添っている。

5キロってこんなに長かったっけ?
まだ走れるけど、暑いのだけなんとかして・・・

次のエイドもその次のエイドも水だけ・・・
エイドごとにボトルの水を浴び、がっつり飲む。
不思議とカラダはけっこう動いてくれた。

倒れてる人も相変わらずチラホラ。うだるような暑さのせいか、ぐったりして歩いている人もチラホラ。

2周目もエイドごとにがっつり飲み、水を浴びる。
1周目よりもカラダが動くのでペースを上げた。

沿道のボランティアの声援をうけ、一歩一歩足を前へ出す。
ゴールまでの直線は全力で走り、そしてゴールテープを切る。

長良川同様、舞洲もきついレースやった・・・。

ゴールしてしばらくすると気分が悪くなったきた。
吐き気もするし・・・。イヤな予感。

ゴール後に、ずっと飲みたかったスポーツドリンクを手渡された。
これをエイドに置いとけよ!

スポーツドリンクを飲んでも、水を浴びてカラダを冷やしても気分はよくならない。
日陰を探して座っていてもどんどん気分が悪くなるばかり。マジで吐きそう。

これはヤバいと思い、ゴールすぐ近くにある救護のテントへ行く。
先客が数名いてスペースにあまり余裕がなかったが、「気分が悪いです。吐きそうです・・・」と訴える。
場所を確保してもらい、横になる。
横になりながら脈と血圧を測定してもらう。
おぉ~、吐き気が・・・襲ってきたぁぁぁ。。。
吐いたらだいぶ楽になったけど、安静を命じられる。脱水症状を起こしてるって言われた。
氷水で頚動脈やらいろんなところを冷やし、スポーツドリンクで水分補給をする。

1時間弱横になり、ようやく元通りに・・・

救護テントで僕の横で寝てたどっかの大学のトライアスロン部の子は僕よりももっとヤバい状況でカラダが痙攣していた。

この子らは自分を追い込むからなぁ・・・

元気になって、友人らの待つ場へと戻った。

友達も言ってたし、近くでしゃべってた人達からも「なんでスポーツドリンク置いてへんのやろなぁ?」っていう声が聞こえた。

やっぱりあれはおかしいと思うねんけど。

結局、救急車で20人ぐらいが病院に運ばれたらしい。ニュースでもやってたって聞いたけど・・・。

水だけじゃダメ?

塩分補給のはなし


今回のレース、結果としてはぜんぜんアカンけど、レース中のパンクやら脱水症状やらいっぱい初体験があってエエ経験になった。


でも、珠洲もこんな暑かったら嫌やぁ~


            

番外編

ぼくたち一般のレースのあと、エリート部門の選手らのレースもありました。

激写した小原工(おばら たくみ)選手の画像です。

080713_140115_m41歳の選手が若手有力選手に負けない走りを見せてくれました


小原選手が通過する時の声援は凄まじかったです。
すごい人気!

僕も小原選手が大好きです。

|

« 明日レースやぁ~ | トップページ | グリル小宝 ハイシライス »

まさやんのトライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日レースやぁ~ | トップページ | グリル小宝 ハイシライス »