« あけましておめでとうございます | トップページ | DVD 「パッチギ!」 »

DVD 「書道ガールズ」

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]DVD「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]

販売元:バップ
発売日:2010/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

≪映画概要≫
少女たちのひたむきな思いが、日本を元気にする!
キュートでエネルギッシュな女優たちが贈る青春感動ストーリー。

折から続く世界的不況で、日本全体に暗いムードが立ち込める昨今。日本一の紙の生産高を誇る“紙の町”、四国中央市にもどんよりと暗雲が漂っていた。どんどんさびれていく、大好きな街。そんな街の活気を取り戻そうと、書道部の部員たちが立ち上がる。彼女たちが取り組むのは、「書道パフォーマンス」!
部員たちの不協和音や周囲の大人たちの反対・・・様々な困難が起こる中、町おこしのために頑張るひたむきな姿と熱意は、やがて大きなムーブメントとなり、大人たちの心にも忘れていた活力を呼び起こす。
何かに、がむしゃらに、一生懸命になれることの素晴らしさ。本作に込められているのは、すべての世代の人に向けた、そんなポジティブなメッセージ。観たら、「明日も頑張ろう」と絶対元気になれる!


幼稚園の時、サラリーマンの時、人生で二度書道を習った。
サラリーマンの時、支店の先輩営業マンのお客さんで書道の先生をされている方がいた。その先生のご機嫌とりということでほとんどの営業マンが課長命令で否応無く、勤務時間中に生徒として駆り出された。僕はそのうちの一人。

ぜんぜんヤル気なかったし、楽しくなかったし、肩凝ったし、イヤでイヤでしょうがなかったことを思い出す。

その時分と比べると、幼稚園の時は楽しかった。
字を覚える楽しみと書く楽しみが相まって相当楽しかった、と記憶している。

そんな楽しい習い事のおかげで、字は決して上手ではないが、汚いと言われたことはない。
字は下手でも丁寧に書き、見やすい字を書くテクニックはマスターしたつもりである。

ちびっ子の習い事もあなどってはならない。

と、幼少期の思い出はそのへんにして、このDVDはとても面白い。こんなん好き。

書道のセンスは全くないけれども、大きな紙に筆を下ろしたくなる。
元気をもらえる話やし、書くことで元気になれそうな気もする。

書道パフォーマンスが書道というカテゴリーの中でどれほどの地位を確立できたのかはわからんが、これは「アリ」やと思うし、これはれっきとした書道やと思う。

そして、見ていてかっこいい。(山下リオちゃんはかわいかった!)

テレビでも武田双雲さんが筆を下ろしているのを何度か見たことがあるけど、字からパワーを感じるし、ものすごく伝わってくる。

書き方ひとつでぜんぜんちがうし、字が生きている感じがする。

書道ってすごい。

本日の練習

JOG 9キロ


今年初ランです!

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | DVD 「パッチギ!」 »

まさやんの映画観賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | DVD 「パッチギ!」 »