« 皆生2日前 | トップページ | 2011 皆生トライアスロン参戦記  バイク編 »

2011 皆生トライアスロン参戦記 スイム編

今年で3度目の皆生。ちょっとは要領もわかって「楽しい!」の比率もUPさせてくれるんかいな・・・

7月17日午前7時。
スタートを告げる号砲が皆生の海に鳴り響く。
暑くて、熱くて、長~い一日がはじまった。

またまた今年も懲りずに最短ルートのコースロープ付近を陣取った。
コースロープ付近は密集度がハンパじゃないからバトルが尋常じゃない。
なかなか思うように泳がせてくれないし、一番近道のはずのルートが意外にもタイムロスにつながるわけで、今まで何十回とレースに出場しているのに学習できていない。

もみくちゃにされながら300メートルぐらい前進し、ようやく左折する目印の大きなブイにさしかかった。
少しずつばらけてくるが、右にも左にも前にも後ろにも人が泳いでいる。
今年のスイム練習は4回。例年と同じく、まずまずの回数だ。
最高速はしょぼいものの、人並みのスピードで3キロ泳ぎきれるぐらいには肩もぐるぐる回せる。

レース前日に「今年は応援するし!」と激励してくれた子供たちの姿は今年も折り返し地点に無い。
宿泊していた皆生ホテルに面したビーチがちょうどスイムコースの折り返しなのに・・・。
一人きょろきょろと家族の姿を探すが、いっこうに見当たらない。
ちょっとブルーになって、復路を泳ぎだす。

今年の皆生の海は波も高く少し泳ぎづらい。
去年はまずまずの透明度で前方のクラゲも目視確認できていたのに、今年はやけに濁っている。

実はレースの3日ほど前に猛暑の中、まぁまぁハードに練習してしまい、若干熱中症ぎみ。
前日も頭痛がひどくて、頭痛薬を飲んだほど。
冗談抜きで命の危険もあるので、レース当日の朝に体調が思わしくなかったら棄権も考えていた。

海の大きなうねりの中で精密機械のように首を幾度となくひねり、呼吸する。
この、頭を揺さぶられる感じがいけなかったのか、復路は気分が悪い。少し頭が痛い。
できれば棄権はしたくない。どんな展開になろうが、たとえ何時間かかろうが、まずはゴールを目指す。
途中までがいくら速くても、DNF(did not finish)では意味がない。
とにかく、ゴールを目指す!
先は長い。焦らず無理せずに確実に前進していこうと決意!

なんべんも息継ぎするとしんどいので、大~きく泳いで、これ以上頭痛がひどくならないように気をつける。

去年同様、スイムはあっさりと終了。

スイム3キロ 1時間1分27秒 304位


|

« 皆生2日前 | トップページ | 2011 皆生トライアスロン参戦記  バイク編 »

まさやんのトライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆生2日前 | トップページ | 2011 皆生トライアスロン参戦記  バイク編 »