« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会参戦記

今季最終戦となる横浜大会(9月18日開催)。久しぶりにショートの大会に出ることになりました。

ショートは3年前ぐらいに大阪舞洲の大会に出て以来かなぁ。
その時はゴールテープを切ってからしばらくして気分が悪くなり、救護テントで吐いて1時間ぐらい横になってました。タイヤはパンクするし、タイムも良くなかったし、あんまりええ思い出じゃないです。

しかし、その時の自分と比較すれば随分力もついてきた(と思う)し、数々の修羅場も経験してきたし、高速レースになってもまぁまぁ戦えるんじゃないかなぁと思っていました。

一つ上のラグビー部の先輩Nさんと同級生T君と3人での参戦であります。

台風15号の影響を受けずになんとかスタートできるかなぁと少し微妙な天候でしたが、レース当日は超快晴。
猛暑とまではいきませんが、かなり暑かったです。

1000人が出場するショートらしからぬマンモス大会となり、ウェーブスタートの間隔も約1時間!
N氏がスタートしてから約1時間後にスタートするわけです。

スタート9時40分て・・・。もう既に暑いやん。

スイムコースは山下公園の横の海を2周回するコース。
猛烈に汚いと聞いていましたが、大阪舞洲と比べると全く問題ないレベルです。
透明度もそこそこあるし、1メートル先なら見えそう!舞洲は30センチ先が見えませんでした。

皆生終わってから一度もスイム練してませんでしたが、1.5キロをなんとか完泳。
波も全くなく、海のコンディションはよかったのですが30分もかかってしまいました。練習してないからしょうがないんですけど・・・。

スイム終わってからバイクのトランジットまでが300メートルも離れていて、全力で走る元気もなくあわてずにゆっくりと走りました。

トランジットでもあわてず、水分補給しぃの、パワーバージェルブラストをぱくぱく食べぇの、とゆっくりさせていただきました。

バイクに装着したボトルは1本だけ。ハンドルにつけるやつだけです。
あとは予備のチューブとかボンベのみ。軽量化あるのみ、ということで不必要な装備は外しました。

それがよかったのか、ニューホイール フルクラムレーシング3の性能がええのか、自分の実力なのか、なかなか判断に困りますが、バイク序盤は一人も抜かれず。
たまたま速い人がおらんかったのか、ひたすら抜きまくってました。
強烈な上り坂もなかったし、急カーブの連続でしたけど、ずっと平坦な道なので比較的楽なコースでした。

バイクも周回コースで、ぐるぐる6周もするわけです。
サイクルコンピューターの数字は正確やけど、えっ?これ何周目?もうわからん・・・
最終周回で競ってた二人にぴったりくっついて、その人らがバイクトランジットの方に行ったので僕もついていきました。サイクルコンピューターは39.9キロやったから間違いない。

リザルト見ましたが、1時間18分。思ったよりタイム悪いなぁ。かろうじてアベレージ30キロ上回ってるぐらいです。

312675_163890307029686_100002261538


トランジットでは焦らず、ゆっくりと確実に靴下はいて、シューズ履いて、ドリンク飲んで、ほんでからランスタートしました。

暑い!吐きそうになるほどの暑さじゃないけど、めっちゃ暑い!

ラン序盤はペースがつかめず、ダラダラと走っておりました。
これまた周回コースですが、何周すんのかもようわからんし・・・。

エイドステーションはいくつかあるけれど、水だけ・・・。しかもぬるい。
スポーツドリンク無いんかい!舞洲もそうやったけど、なんで水だけなん?
横浜は塩のちっちゃい塊配ってました。

ウェアの上着のポケットにパワーバージェルブラストが2つありました。
助かったぁ~。
グミなんでねちょねちょになってて、ウェアの繊維に絡み付いてなかなか取り出せませんでした。
走りながらグミは食えん!呼吸困難に陥りそうになりながらグミを食べ、なんとかパワーを持続させることができました。

距離を重ねるごとに足が動いていく・・・。調子が上っていきます。
4周すると思っていたランコースは実は2.5周でした。どないやねん。
もうラスト?
まだまだ走れるし・・・
最後の0.5周はほぼ全力疾走となりました。
こんなに体力残してゴールかい!もったいない。

306891_163882587030458_100002261538


正直、距離的にもの足りんっていう感じでしたが、ラストは自分でもびっくりするぐらいのスパートかけられましたし、力はほぼ出し切れたと思いますので満足です。

ショートもおもしろい!

ロングにはロングの楽しさがあるし、ショートにはショートの楽しさがあります!

やっぱりトライアスロンは面白いです。


スイム 1.5キロ     30分03秒 258位
バイク  40キロ 1時間18分38秒 110位
ラン   10キロ     46分15秒 136位

総合   2時間34分56秒   980人中 115位

次は福知山マラソンまでレースないです。

なんか寂しい・・・

| | コメント (0)

珠洲大会画像 パートⅡ

友人Hちゃんが作成してくれました。

パートⅠは珠洲大会のブログに掲載した画像ということで・・・

Suzu2011bike1


Suzu2011bike2


Suzu2011goal

以上、3枚です。

真ん中のはHちゃんのお手製ですが、こんなんもできるんですね。
なかなかステキです。

毎年忘れた頃にやってくる珠洲大会の完走証。
完走証が届くまで、この画像を眺めておきます・・・。


次は横浜。
珠洲が終わって、今シーズンのレースは終わった感に満ち溢れておりますが、また気合い入れなおして(っていうのはけっこうきつい・・・)ぼちぼち頑張ります。


ところで、佐渡Aに出場した東野幸治、安田美沙子、ノッチ、菊池弁護士はどないやったんでしょうか?
噂では完走したのは菊池弁護士だけっちゅうことですが・・・

190キロバイクってさすがにびびるわ。

| | コメント (4)

プロ野球観戦 オリックス VS 日本ハム 京セラドーム

体重120キロ超のかわいい後輩を連れて、人生初のプロ野球観戦に行ってまいりました。
オリックス対日本ハムの一戦であります。

どちらのファンでもないですし、特定のお気に入りのチームがあるわけでもないのですが、とあるイベントのチャリティーオークションでオリックス戦の観戦チケットを2枚入手した次第であります。

野球観戦といえば、20年以上前に中学校の友達と甲子園球場まで夏の甲子園の決勝戦を見に行って以来です。PL学園とどこやったか忘れた・・・ 池田高校やったかな?(今調べたらそのカードはなかった・・・)

ま、それはさておき、京セラドーム、きれいです。
なんか野球って、こんなん言うたら怒られますけど、(少なくとも僕の中では)華やかなイメージは全くないし、正直試合もたいして期待しておりませんでした。
しかし、ドームに足を踏み入れてびっくり。
今までのイメージが180度変わりましたわ。
めちゃめちゃ華やかで、球場内もめっちゃ明るくて、アナウンスがDJみたいで、試合っていうかスポーツイベントを見に来ているような感覚でした。

僕たちは1類側のライブ指定席に座りましたが、すぐ目の前で選手がプレーしていて迫力があり、見ててほんまに楽しかったです。
体重120キロ超の後輩は元野球部員でして、横で猛烈にでかい声で解説してくれましたので野球知らない僕でもよくわかりました。

オリックスファンではありませんが、オリックス勝ってよかったです。(オリックス側に座ってましたんで・・・)

ほんまにめっちゃ楽しかったです。
また行きたいです。

P1020307


P1020312


| | コメント (0)

2011 トライアスロン珠洲大会参戦記

今季2レース目。近年の定番、皆生→珠洲であります。

レース前、受付をしたり、競技説明会に出たり、カーボパーティーに出たりするといやがうえにもテンション上がります。
いよいよ明日なんやなぁ~って。

今年は、昨年珠洲Bでトライアスロンデビューした友人Hちゃんと、高校の先輩Kさんと3人での参戦です。
HちゃんとKさんは珠洲Aは始めて。

皆生以降あんまり練習してへんけど楽しみです。

Dsc_0194レース直前、K先輩と

レース当日

天気予報通り、昨年のような灼熱にはならんかも・・・
当たり前かも知れんけど、朝4時の珠洲は涼しい。

朝6時台の海水もちょっと冷たい。

HちゃんとKさんは第3ウェーブなので、第1ウェーブの僕がスタートした10分後にスタートする。
7時に第1ウェーブ250人がスタート。
珠洲の海は相性が悪いのかよく迷子になるので、今年は落ち着いて位置確認を怠ることなく蛇行せずに泳ぐことを意識する。

スイム練してないのでキャッチがいまいち甘いけど、なんとかバテずに肩廻せてる・・・
指にぷにゅぷにゅした物体ががんがん当たるけど、よく見たらクラゲでした。多分子供?
無数にいたけど、ちっちゃかったからか刺されてない。

クラゲ気持ち悪い・・・
早くスイムフィニッシュしたい・・・
こんな気持ちもプラスに作用し、予想よりもかなり早くスイムフィニッシュ。

スイム  2.5キロ  50分53秒  スイム順位 201位/653人中


焦らないとアカンけど、焦らずにバイクトランジットへ・・・
落ち着いてバイクシューズを履いてグローブしてヘルメットかぶって、初の試みのパワーバー ジェルブラストを2個口に放り込む。

PowerBar(パワーバー) GEL BLASTS ジェルブラスト レモン 12パック(1パックあたり300円/税込)PowerBar(パワーバー) GEL BLASTS ジェルブラスト レモン 12パック(1パックあたり300円/税込)

販売元:マップスポーツ楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

バイクをこぎはじめた時、手元の時計で54分。

こいでいて何も違和感はないけれど、シューシューと何かが擦れてる音がする。
原因を探ろうといろんなところをこぎながら見たけれども、トラブルシューティングできず・・・。
ブレーキシューもホイールに当たってない。わからん。

気にはなるけど、降りて探るほどでもないか・・・ということで、とりあえず無視。

皆生のあと、スイム練は全くしてないけど、バイク練はまぁまぁやった。
大谷峠対策で近所の峠道を攻めにいきましたわ。。。

峠対策の練習の甲斐あってか、1周目の大谷峠はまぁまぁ楽にクリア。
あれ?こんなに短かった?っていうぐらい、フツーに上れた。

2周目のことも考えて、1周目は無理せず無難に・・・

2周目に入ると、気温も上ってきてるし、風も出てきてこぎにくい。
いつもなら2周目に入ってしばらくするとBタイプのトップ選手らにがんがん抜かれていくけれども、1周目のタイムもそこそこいいし、スイムのタイムも思ったよりよかったせいで、Bタイプの選手がぜんぜん現れない。

2周目に入ってスピード落ちてるのは明らかだけど、昨年よりは絶対速い。
練習の成果か?NEWホイールのおかげか?両方です。

でも、けっこう山上りの練習したつもりなのに、やはり2周目となると上り坂では全然足が動かない。
まだまだ練習が足らんということ・・・。

練習でロングライドしてないから徐々にスタミナもきれてきて、上り坂で大きなダメージを受け、そのダメージが平地でも影響してくる。
毎年のことやけど1周目のように2周目はこげない。

でも今年の珠洲では補給に望みを託す。
パワーバー・パワージェルは携行してもどうせ食べへんので、今年は食べ物はアミノ酸の粉末サプリとジェルブラストのみ。
バイクごりごりこいでる時にグミっていうのもどうかと思うけど、パワーバーよりは100倍マシ。
なんやかんやいうて、お菓子感覚でパクパク食べました。

補給が成功したのか、2周目の失速も昨年よりはかなりマシ。
というても、2周目の大谷峠はやっぱり強烈にきつかった。
脚のダメージもハンパじゃないけど踏ん張りました。よう頑張りました。
不思議と腰もそんなに痛くなかったし、なんとか100キロ走破。

バイク  100.2キロ  3時間44分26秒  バイク順位 170位/653人中


かなり暑いけど、がまんできるレベル。予想最高気温も30度ぐらいなので、昨年と比べたらぜんぜん平気。
トイレに行きたいけれど、タイムロスがいやなのでがまんできるところまではがまん!

ランスタートした時、手元の時計はたしか11時35分やった(4時間35分)。
目標の7時間切り達成のためには、2時間24分まで大丈夫。
キロ6分なら6時間台でゴールできる。

まだ足は動いてくれる。どこまで持つかわからんけど。
灼熱ではないにしても、2キロごとのエイドステーションをとばす勇気はない。
一つとばしたら4キロ補給できないことになるので、そんな無茶はできない。
一つ一つのエイドできっちりとスポーツドリンクを補給して、皆生の時と同様、オーバーヒート防止のためにランキャップに氷をいれてもらって暑さをしのぐ。

エイドに立ち寄る時間を計算してもなんとかキロ6分以内で走れてる。
このままいけたら7時間切り達成できる!

キロ5分半ぐらいのペースで順調に距離を重ねる。
10キロ地点ぐらいのエイドでHちゃんが爆走してきた。
補給もそこそこに、足早に去っていった。トライアスロン2年目とは思えへん爆走ぶりである。

僕はあくまでマイペース。
守りにははいってないけど、必要以上には攻めない。

距離表示があるたびに計算。
7時間には少し余裕あるけれど決して油断できない。

見附島の折り返しを過ぎてしばらく走っていると、K先輩とすれ違う。
「Kさん、ゴールで待ってまぁす!」って声をかけたけど、そない距離あいてないで。
けっこう普通に走ってはったから、もしかしたら抜かされるって可能性もゼロじゃない。っていうか、ちんたら走ってたら追いつかれてもおかしくない。

さらに、Kさんは僕よりも10分後にスタートしてるから、勝ってるか負けてるか微妙なところ。
恐るべしKさん・・・

7時間も切りたいし、Kさんにも勝っときたい。
またまた気合いを入れなおして、復路を爆走。

しかし、思い通りに行かんのが世の常ですわ。
17キロぐらい、ゴールまであと6キロってとこでスタミナ切れか、足が思うように動いてくれなくなった。
やばい。7時間切りも危うくなってきた。

あまりゆっくりはできないけど、エイドでドリンクを補給し、気持ちが切れないように冷水でカラダに渇を入れる。

Kさんの存在も不気味やけど、まずは7時間切りを死守!

ラスト6キロはきつい。
エイドと、あと〇キロっていう距離表示だけが気持ちをつないでくれる。

ゴール地点でのアナウンスが聞こえてきて、間もなくゴールなんやなぁと最後の力を振り絞る。
ウェアのジッパーを上げ、キャップを脱いでゴール!
7時間切り達成。ほんまにうれしいです。
勝因は気持ちを切らさなかったことに尽きると思います。
自分に負けるポイントはランの最中もいくつもあったけど、冷静に目標に向かって前進していけたことがよかったんとちゃうかな・・・。

今年も自己ベスト更新できてよかった。
Hちゃん、Kさんにも感謝。

ラン  23.3キロ  2時間15分58秒  ラン順位 197位

トータル  6時間51分17秒  総合169位

3人とも7時間切り達成です
めでたしめでたし


Dsc_0197Kさんの サーベロ P2カーボン かっこいいなぁ~


Dsc_0198アラフォー トライアスロン3兄弟


| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »