« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

歩道は歩行者に返してあげよう

良くも悪くも自転車ブームということでしょうか?

テレビのニュースでも新聞紙面でも自転車の話題が多いです。

「ポタリング」(自転車で街を散策すること)や「自転車ツーキニスト」(自転車通勤する人のこと)といった新語も登場するほど自転車に乗る人の数が激増しておりますが、それに伴ってマナーの悪い自転車乗りも増殖しているわけです。

ピストに乗ってる輩も多いし、信号無視や無灯火にくわえ、携帯電話を使いながら走る人もいますが、まぁこんなのは論外ですわ。

僕もジョギング中に歩道を猛スピードで走る自転車にぶつかりそうになったことは何度もあります。
実際に接触したことも何度かありますし・・・。

もっと規制を強化してほしいし、危険極まりない暴走自転車を排除してほしいです。
ほんまに自転車怖いです。

本来、「軽車両」の自転車は、原則として歩道を通行してはいけないことになっており、
例外は、13歳未満の子供や70歳以上のお年寄りが運転する時くらいだそうです。

って、こんなん新聞読んで初めて知りましたわ。

そして、まだあります。
歩道の幅が2メートル以上あり、歩行者の邪魔にならん場合は、各都道府県の判断で自転車の通行が許可されていて、そういう歩道が全体の5割近くを占めているそうであります。

警察庁の通達で、2メートル以上→3メートル以上に引き上げ、規制を強化する方向で見直すようです。

ただ、現状のように、要件に満たなくても地域の実情に応じて通行できるままにしておくこともありうる???

新聞を読む限りでは、変化はほとんど期待できないように思います。

規制を強化してくれることはええことかも知れませんが、はっきり言うて、車道を自転車で走るのは怖いし危ないです。クルマがすれすれで追い抜いていった時なんかは生きた心地がしませんし、背後から迫るクルマの存在にいつもビクビクしながら走るのはいやぁ~なものです。

クルマを運転していても、車道を走っている自転車の存在は怖いし危なっかしいし、車道を走るなよと思うことも稀にあります。

多くの人が、歩行者になることもあれば自転車を運転することもクルマを運転することもあると思います。

規制を強化することももちろん大事やと思いますが、みんな一人一人がマナーを守り、「思いやり」を持っていれば
事故は減るはず。

なんか思いもよらぬオチで落としてしまいましたが、規制強化の前に道路を整備せえよっちゅうことです。マナーの悪い連中のことはひとまず置いといて・・・。

全国の主要道の8割強で、車道の両端に線を引くだけの自転車レーンを簡単に作れるそうであります。

クルマ社会から自転車への流れは良い潮流やと思うんで、国も頑張ってくれよ!


| | コメント (0)

山登り 大文字山&蓬莱山

そこに山があるから ジョージ・マロリーの有名すぎる名言ですが、今回の山登りの話はマロリーの名言とたいして関係はありません。

秋になって山に登る機会に2度恵まれました。

1度目は子供の小学校のお友達家族と大文字山に登り、2度目は大学時代のカヌー部の同期Sと滋賀の蓬莱山に登りました。

P1020327

P1020333


大文字も蓬莱山も多分初心者向けの山やと思いますが、けっこうハードです。特に下山する時が。
頂上まで登って、眼下にひろがる広大な景色を見ると達成感もありぃの、気持ちもいぃの、で最高の気分です。

P1020374蓬莱山 三角点


アラフォーにして初めて山登りの楽しさを知ったわけですが、もうちょっと高い山にも登ってみたいし、経験積んで途中で一泊せなあかんようなもっともっと高い山にも行ってみたいです。

同期Sは穂高とか槍ヶ岳にも登頂したようで、かなりの上級者を気取っておりました。

いつになるかわかりませんが、いつか必ず一緒に登りに行こうと思います。

山の魅力ってなんなんやろ。
トライアスロンやマラソンはタイムや順位っていう客観的な事実があるし、昨年よりもいいタイムでゴールできたとか、〇〇くんに勝ったっていうことで満足できるものやけど、山は?
頂上に至るまでの過程が重視されるんやろうけど、いまいちピンとけえへんわけです。
えげつない山になるほど、無酸素であることとか、単独であることがより満足度を上げる要因になるんかなぁ。
ちっちゃい山を2つばかし登った初心者にはそんな山登りの機微を理解できるはずもなく、ただ次のお誘いを待つばかりであります。

山に何があるんやろ?なんで山に登るんやろ?

やはり「そこに山があるから」なんでしょうか・・・


本日の練習

JOG 19キロ

| | コメント (0)

OB総会

15日は中高水泳部のOB会、22日は大学カヌー部のOB総会でした。
2週連続で懐かしい先輩やら後輩やらと楽しい時間を過ごしておりました。

お決まりの文句ではありますが、やっぱり部活っていうのはええもんです。

高校水泳部は卒業して20年。大学は卒業して16年。
卒業してからえらい時間が経ってますが、ブランクを感じずに先輩後輩と楽しく酒を酌み交わせるこの快感。。。
こういうつながりを大事にしていきたいものです。
(仲のええ先輩後輩はちょくちょく会ってますけど・・・)

大学カヌー部の先輩の話や同期の話はこのブログでもちょくちょくとりあげておりますが、中高水泳部のことを書くのは初めてかも・・・

書いてもええもんかいな?と日々自問自答していたからです。
一体なんなんや?と。

とにかくひどかったわけです。
僕が中1で入部した時の(特に)高校3年の人らがえげつなかったんです。
不良の巣窟のようなクラブでした。
高3の人だけじゃなかったんですけど・・・
高3から中3の先輩まではもれなくとんでもなく悪い先輩がいてました。

中1の時に見る高3っていうのは完全に大人、というかおっさんなわけです。
背も高いし、ごっついし(水泳部なんで肩幅はすごいんです)、人相悪いし、どうみても暴〇団にしか見えへんのです。
夏、昼休みになると、僕ら中学生はプールサイドの掃除とかいろいろ雑用があるわけですが、高校水泳部の悪い面々はプールサイドにある用具室みたいなところに集まって・・・・・・なわけです。

僕がビート板を片付けようと部屋に入ろうとした瞬間、見張り番をしていた高校の先輩が、もうオレが入れとくさかいにお前は入ったらアカン、と。
高校の人らがあの部屋の中で何をしていたのかは、その時はわかりませんでした。
入ったらアカンというのは、先輩の愛やったんですね。
けがれを知らないピュアな中学1年生を悪の道に導いてはいけない、という先輩の愛だったわけです。

ま、こんな話は序の口なわけですが・・・

一番ブルーやったのが、1週間の夏合宿です。
もちろん練習きついんですけど、それ以上にきついのが夜です。
高校の先輩らは夜毎、お酒を呑んで騒いではったように記憶してます。OBも来てエスカレート?
酒盛りのあとは僕ら中学生の下っ端の部員は高校生に呼ばれて「寝るまであおいどけ」と言われるのです。
クーラーも扇風機もない学校の教室で寝泊りするわけで、うちわが唯一の「涼」です。

うちわであおぐというても、チンタラとあおいでそよ風を届けると「暑い!」と叱られるので、必死こいて強風を作り、憎しみをこめて先輩に献上するわけです。
あっ、もう寝よったかな、と思いあおぐのを止めようとすると、「まだ寝てへん!」という聞きたくない言葉が聞こえてくるのです。
先輩よりもオレのほうが眠い!
ようやく寝よった、と思ったら、まだ寝てへん先輩からお呼びが・・・
頼むから死んでくれ・・・ 魂の叫びですよ。

泣きたくなるぐらいきつい、恐怖の夏合宿でした。

そんな出来事も今となっては笑い話です。
当時のえげつなかった先輩らとそんな話をして、昔の水泳部ってひどかったよね、と。
いやいや、あんたが寝かしてくれへんかったんよ、と。

そんな「かわいがり」を経験したのは僕らの年代が最後ぐらいじゃないでしょうか?
今でもそんな「かわいがり」って存在するんかな?

ほんまに貴重な体験でした。
中高水泳部に感謝です。


本日の練習

JOG 18キロ


| | コメント (0)

横浜旅情 ~ほぼグルメ~

先月トライアスロンのレースで横浜に行きましたが、そこで食べたもん、見たもん、感じたことなんかを書いていこうと思います。記録しておかないときれいさっぱり忘れてしまうんで・・・。

レースの前日の早朝に京都を出発し横浜へ。
皆生もたいがい遠いし、珠洲もたいがい遠いけど、横浜はほんまに遠く感じます。
ずぅ~っと高速道路ですが、景色はそこそこ楽しめます。
伊勢湾岸道はなかなかええですよ。あの道をドライブするのは気持ちええと思います。

伊勢湾岸道を過ぎて、東名に入って、富士山の横を走って(天気がイマイチで見えませんでしたが・・・)、まもなく横浜。ですが、湘南にお住まいの先輩宅へ向かって、まずは先輩をピックアップしました。

ちょうどお昼時でしたので、鎌倉の方までクルマを走らせ、名物?しらす丼を食べに・・・。

110917_123915


110917_124823


お店から撮影した海岸の画像です。
画像はイマイチ鮮明ではありませんが、天気もそこそこよかったんで、サーファーが山ほどいました。
湘南海岸はサーファー天国です。
先輩のお住まいのマンションも住人の約9割がサーファーだとか。先輩も元サーファーです。現在はトライアスリート。。。
それはさておき、湘南名物?鎌倉名物?しらす丼です。
下の画像がそれですが、とれとれぴちぴちの生しらすがまずいはずがない!
激旨でした。ちっこいくせにピチピチしとります。丼の横はしらすのかき揚げですが、これもサクサクといけて旨い!カラッと揚がっててぜんぜん脂っこくなかったです。しらす丼、オススメです。

海に来たら海のもん食べんとあきませんわ。

しらす丼で腹を満たし、大会の受付へ向かうべくクルマを山下公園まで走らせている途中、カブに乗った警官に停められました。
「なんやなんや?」ぼくのクルマがそない珍しいのでしょうか?
なぜ停められたのかさっぱり理解できず、警官の口からでた衝撃の一言にただただ呆然とするばかりでありました。
「車線変更してはいけないところです・・・」
マジで?そんなん初耳やし・・・。免許取って20年。トンネルの中は車線変更したらアカンって聞いたことあるけど、普通の道路でそんなん聞いたことないし・・・。
来年3月の免許更新でゴールドやったのに・・・

まぁしゃあないですわ。自分の犯したミスよりも警官の態度にむしょうに腹が立ちました。
二度と横浜へは来えへんからな。。。
罰金6000円・・・。あほくさ。

明日レース終わったら旨い中華奢ったるし、と先輩に言われ、気を取り直しました。

そして、レース後。
レースが終わって少しゆっくりしてから着替えて横浜の中華街へ・・・。
神戸の南京町にも行ったことがありますが、規模がぜんぜん違います。
とにかくデカい!

あっちもこっちもそっちも全部中華料理屋さんです。
先輩にいくつかリクエストを言って、連れてってもらったお店が

110918_143841


ここ、広州名菜 聚英です!

残念ながら画像はこれだけになってしまいますが、しこたまご馳走になりました。
先輩はビール6杯ぐらい飲んではりました・・・。僕もめちゃめちゃ飲みたかったけど、クルマ・・・

特にエビのチリソースは絶品でした。
ここはそんなに言うほど高くないとおっしゃってましたが、普段王将でしか中華料理を食べない僕にとっては言うほど高い一品でした。
これだけ高いのも納得やなと思わせる旨さ。エビがぷりぷりでした。
こんな旨いエビチリ食べたのは生まれて初めてです。

他にもチャーハンやら餃子やら酢豚やら腹がはちきれそうになるまで食べました。

食後は中華街でお土産の物色・・・。

娘達にはチャイナドレスを買ってあげました。

201109191708000

上の子の小さすぎた・・・


中華街をあとにして、山下公園の横のレンガの倉庫とかみなとみらいとかをクルマから見て、またまた湘南の先輩宅へ・・・

結局なんやかんやしていたら晩飯時になり、近所の回転寿司へ。

全皿100円じゃなかったです。海の近くやから旨い、とは言い切れんと思いますが、旨かったです。
もちろんここでもビールはおあずけ・・・。
先輩はぐびぐび行ったはりました。どんだけ飲むねん。。。ビールだったらいくらでも飲めるそうです。

横浜でレースできて、いっぱいおいしいもん食べさせてもらって、ほんまに楽しい2日間でした。
N先輩に感謝です。


最後に、湘南・横浜あるある。(レイザーラモンRGではありませんよ)


冗談抜きでほとんどの住人がサーファー。おじちゃんおばちゃんもサーファーです。

湘南では自転車っていうたらこれ!
Dscn5667
 自転車にサーフボードキャリアが装着されてます。
 この自転車がフツーに走ってます。

運転マナーがものすごくいい。
 割り込みの際に、関西みたいに「何がなんでも割り込まさへん!」的な嫌がらせは絶対にされません。
 絶対に入れてくれます。関西とはえらい違いで、ほんまにゆずり合いの精神に満ち溢れてます。
 運転しててきもちいいです。

クロックスよりビーサン
 湘南でクロックス履いてる人少ないです。だいたいビーチサンダルです。


横浜はいい街でした。湘南も。
また行きたいです。(警官には要注意!)


| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »