« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

アディゼロ





アディダス  ランニングシューズ  アディゼロ Japan  G41400 アディダス ランニングシューズ アディゼロ Japan G41400
販売元:vansports
vansportsで詳細を確認する

福知山マラソンの会場の特設ブースでシューズが安く売られてましたので1足買いました。
50%OFFで6000円なり
人生初のアディダスのランニングシューズです。
今は2足のアシックスを使用してますが、ほんまはニューバランスが一番好き!
じゃあなんでアディダスやねん・・・
履いてみたかったから、ただそれだけです。

来年のトライアスロンのレースはこの派手なオレンジ色のシューズで快走します!

| | コメント (0)

白髪染め

老い老い老い老い老いパンク
by 相原コージ コージ苑より

高校の時に友人から「コージ苑」全巻借りましたが、どこいったかわかりません。
この場を借りて謝罪させていただきます。ごめんなさい。

コージ苑はさておき、まさかこんなタイトルのブログを書くとは・・・

老いのせいと言ってしまえばそれまでですが、ここ数年で白髪の勢力が猛烈に拡大してきております。
頭だけ見れば、もう立派な初老のおっさん。禿げてはいません。

トイメン(対面)の視線が頭にするどく突き刺ささるんです。

リチャード・ギアみたいな白髪ならかっこいいのですが、現在リチャード・ギアへ向けて進化していってる過渡期でございます。

この過渡期が猛烈に恰好悪い。
「老い」に主導権を握られている状態です。

そんな現状を打破すべく、近所のドラッグストアに駆け込みました。

迷うことなく「白髪染め」の陳列棚へ。

購入したのは比較的リーズナブルなサロンドプロ メンズスピーディーってやつです。

サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ 【HTRC5.1】Health and Beautyサロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ 【HTRC5.1】

発売日:2007/03/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人生初の毛染めです。
5分ってのがいいですね。
ヨメにやってもらいましたが、塗り5分 + 放置5分 計10分って感じです。

こんなんで染まんの?って半信半疑でしたが、シャンプーしても色が落ちることはなく、無事に人生初の毛染め終了となりました。

見た目ちょっと若返ったでしょうか・・・。

こんなに簡単に毛染めできるんやったらもっと早くやっとくんやった・・・

「老い」にちょっとだけ抵抗していきます。


| | コメント (0)

TOPVALU ヒートファクト

パッチ=オジン
つい先日まで僕の頭の中でこの公式が成り立っておりました。

パッチを穿くようになったらオジンの仲間入りやな、ということでどんなに寒くてもズボンの下に一枚はさむことを強く拒んできたわけです。

穿かないということが若さの証明であると信じて疑わなかったのですが、それはどうやら勘違いだったようです。

テレビで知り得た情報によると、カラダを冷やすと代謝が悪くなってしまい、免疫力が低下し、カゼをひきやすいカラダになったり、体内酵素の働きの鈍化により老廃物の除去や細胞の生まれ変わりを阻害したりしてしまうそうです。そして、結果的に肌の乾燥やら体重増加という悲しい結末がコンニチハするわけです。

オジンと言われてもええんですけど、体重増加やカゼひくのは勘弁してほしいです。

こないだ北大路ビブレに散髪に行った際に、TOPVALUのヒートファクトを買ってきました。





TOPVALU トップバリュ  ヒートファクト メンズ クルーネック 半袖 ホワイト 017 TOPVALU トップバリュ ヒートファクト メンズ クルーネック 半袖 ホワイト 017
販売元:スポーツオーソリティ Yahoo!店
スポーツオーソリティ Yahoo!店で詳細を確認する





TOPVALU トップバリュ  ヒートファクト メンズ ロングタイツ ネイビー 017 TOPVALU トップバリュ ヒートファクト メンズ ロングタイツ ネイビー 017
販売元:スポーツオーソリティ Yahoo!店
スポーツオーソリティ Yahoo!店で詳細を確認する


半そでの肌着とロングパッチの2点です。

着てみましたが、どうなんでしょうか???
あったかいんか?
普通のTシャツとそない変わらんような気がしてます。

いろんなメーカーがこの手の肌着を出してますが、どこのメーカーのんが一番いいんでしょうか?
どこのんでも同じなのでしょうか?
誰か知ってたら教えてください。

もうこの際オジンとかジジイでもええので、カラダを冷やさないようにと、そこだけは心がけようと思ってます。

| | コメント (2)

京都マラソン 落選

昨日メールで通知が来ました。

京都マラソン 落選 です。

トライアスロン友やラン友の十数名は見事に全員落選。
どないなっとんねん。

| | コメント (5)

2011 福知山マラソン参戦記

自分で自分をほめたいと思います。有森裕子さんがアトランタ五輪で銅メダルをとった時の言葉です。

今年の福知山マラソン、ほんまに自分をほめてあげたいと思います。

昨年の福知山マラソンは記憶が正しければFかGゾーンからのスタートでした。(申告タイム順にAからKぐらいまでのゾーンに振り分けられます)
振り分けられたゾーンが適正ではなかったのか、同じゾーンの他の大勢のランナーが実力とかけ離れたタイムを申告したのか、とにかく周りのランナーのスピードが遅い!(←イヤな奴やなぁと思わんとってください)

スタートしてからも数十分ぐらいの間はなかなか思うように走らせてもらえず、フラストレーションの溜まるレース前半となりました。
しかし今になって思えば、2010年のフラストレーション溜まりまくりのレース前半もあれはあれでウォーミングアップになり、結果的にはよかったのかなぁ、と。

今年の申告タイムは3時間20分。
Cゾーンからのスタートとなりました。
昨年はスタートの号砲からスタート地点にたどり着くまでに5分弱もの時間を要したのですが、今年はわずか1分。
昨年と比べても、かなり前からスタートできたことになります。

僕の周りにいるのはおそらく、3時間から3時間30分前後で走るランナーばかりなわけです。
スタート直後のだんご状態も昨年とは全然違うし、とにかくペースが速い!
周りのペースが自分とほぼ同じぐらいなので気持ちよく走れるし、ペース配分も何も考えずフツーに気分良く走っておりました。
気がつけば4分40秒ぐらいのペース。
これは想定していたペースよりも明らかに速い。
こんな超高速ペースで42キロ走れるのか・・・?
もし走れたらとんでもないタイムが出るんじゃないのか???
って気付いた時は既に20キロも超えていたわけです。時すでに遅し。
もう行けるとこまで行ったれ!になってしまったのですが、ここでラップタイムを振り返りたいと思います。


 0キロ~10キロ  47分56秒
10キロ~20キロ  46分19秒
20キロ~30キロ  47分52秒
30キロ~35キロ  25分18秒
35キロ~40キロ  27分00秒
40キロ~42キロ  12分33秒


最初の10キロは少々だんごになってたのでこんなもんとしても、10キロから20キロがかなりのハイペース。
完全に周りに流されてるタイムです。イーブンペースで走るつもりが自分を見失い、とんでもないことになっていました。
20キロから30キロのラップを2キロごとでもとっていればもっと詳しくわかったかも知れませんが、20キロから30キロのどこかで既に疲れが出始め、ペースが明らかに落ちています。

月間200キロ走ったとはいえ、短い距離を積み重ねての200キロです。LSDの練習はほぼ無し。
そんな練習で42キロをイーブンペースで走りきれるはずもなく、当然の結果といえば当然ではありますが、30キロ付近から太ももの筋肉が痛み出し、脚が全く動かなくなってしまいました。

それより前にも実は10キロ過ぎたぐらいから右足裏に違和感を感じておりました。
靴下のグリップがうまく機能しておらず、足裏とこすれていて、今までの経験から皮が水ぶくれのようになっているのが走っていてわかります。なんとか我慢できる痛みですが、痛い。ちょっと右足をかばいながら、様子をみながら距離を踏んでいきました。
皮がめくれることは多分ないと思い、痛みを我慢して走り続けます。
前を走ってた人が着てたTシャツに「痛くても死なへん」って書いてあったような・・・

足裏の痛みよりも、太ももの筋肉の方がはるかに痛い。
体力はまだまだ残っているのに、カラダが言うことを聞いてくれない悔しさ・・・
ラスト10キロはただひたすら我慢というか、痛みを堪えて根性だけで走れてるといった感じです。

歩いている人や膝を屈伸している人、エアーサロンパスを脚の筋肉に噴射させている人などが思った以上にたくさんいましたが、立ち止まったら最後、二度と走れなくなると思い、必死の思いで距離を重ねます。

4分40秒ペースで順調に走っていたのも前半だけで、後半に入ってみるみるペースダウンし、キロ5分、キロ5分20、と気合いだけではどうにもならず、腕時計だけが冷酷に時を刻みます。

皆生トライアスロンでのフルマラソンは暑さと吐き気との闘いですが、今年の福知山は動かない脚、痛みとの闘いでした。同じ42キロでも全く異質のものです。

気持ちをつないでくれるのは1キロごとの距離表示と給水所だけ。
ゴールが近づくにつれて沿道の応援も冷静に聞けるようになり、力をくれました。
「おかえりなさい」とか「あと2キロ!」って声をかけてもらうとほんまに力が沸いてきます。

とはいうものの、ラスト2キロは最初で最後というても過言じゃない福知山マラソンで唯一の上り坂があるわけですが、キロ6分もかかってしまいました。

皆生のフルマラソンもたいがいきついけど、今年の福知山も負けず劣らずきつかったです。
もうちょっと楽にゴールできると思ってたんですけど・・・

途中で気持ちが折れることなく、最後の最後まで食いしばって完走できたこと。
ほんまに自分をほめたいと思います。

よく頑張った!

ご褒美としてサブ3.5達成できました。
それが何よりもうれしいです。


2011 福知山マラソン 3時間27分01秒


給水所のボランティアスタッフの皆様、沿道の応援の方々、本当にありがとうございました。

来年も出れたら出ます!

| | コメント (2)

10月終了

今日で10月も終わり。
今年のオクトーバーランは結局204キロでフィニッシュでした。
一応、目標300キロやったんですけどね・・・

もっともっとストイックにやったら達成できたかも知れませんけど、実は先月末に通勤用のミニベロ(小径車)を買っちゃいまして、それも距離伸ばせなかった理由の一つには違いありません。

脱自動車はムリですけど、減自動車への取り組みはけっこう頑張ってます。
環境とかCO2とかそんな大層なことじゃなくって、ただ単にガソリン代削減とか健康とか自分にモロに影響を与えてくる問題に立ち向かうべくチャリンコこいでます。

で、これが気軽にこいで行けてすんごい楽しいんです。

こんな楽しいことが世の中にあったんんかぁ~と思わせてくれるほどです。

そんな自転車買わんでも自転車持ってるやんけ、と厳しい突っ込みを入れられそうですが、トライアスロン用バイクは気軽にっていうわけにはいかんのです。
レーパン(スパッツみたいなやつ)穿いて、ヘルメットかぶって、専用のシューズ履いて、グローブはめてっていうのが最低限必要で、軽い気持ちで乗れないんです。気合い入れて乗るもんやと思てますし・・・。
まさかトライアスロン用のバイクで街をぶらぁ~っとするわけにはいきませんし、そもそもそんなことしようとも思いませんわ。

それが、ミニベロならちょっと遠回りしてポタリング(自転車で街を散策すること)も思いのまま、今までクルマで行っていたような比較的近距離のところでも自転車で行ってみようかな、となるわけです。
気軽にこいで行けるという点では完全にミニベロに軍配が上がります。

ミニベロを買ってから、クルマに乗る機会がかなり減りました。

今までは目的地までの移動手段として、まずクルマが挙がりました。っていうかほぼクルマでした。
目的地までの距離にもよりますが、30キロぐらいまでなら天気よかったら自転車っていうのも選択肢の一つとして考えられるようになったのです。

ゆる~く流す感じが最高に楽しいです。クルマなら見落としそうなステキなお店も自転車なら停めてフラッと立ち寄ることもできるし、スピード出そうと思えば、ロードバイクに負けないぐらいスピード出すことも可能です。

分解して電車に持ち込んだことは未だありませんが、そんなことも可能です。
いつかは自転車で遠くに旅に行ってみたい・・・

気の向くまま・・・


クルマ運転するのも楽しいですけど、自転車こぐのも最高に楽しいです。


ものぐさ自転車の悦楽~折りたたみ自転車で始める新しき日々Bookものぐさ自転車の悦楽~折りたたみ自転車で始める新しき日々

著者:疋田 智
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これ読んでみてください。


本日の練習(10月31日)

JOG 22キロ


10月のミニベロの総走行距離

320キロ


| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »