なんとか完走

東山三十六峰マウンテンマラソンは無事に完走できました。
めっちゃ情けないタイムでしたが

神戸終わってからほとんど走ってないしいきなり山を30キロっていうのもかなりきついはずやけど、これは言い訳
ただ単に練習してないだけ
数え切れないぐらい抜かれたし、情けないレース展開になりましたが、まぁまぁ楽しめました
落ち葉のじゅうたんの上を走るのはめっちゃ気持ちいいです!

今日の反省点
山の下りでも走れるようになりたい〜
練習したら恐怖感もなくなるもんなのかなぁ
下り走れたら、もっともっと強くなれるのに・・・

とにかく、ロードも山も練習あるのみ、です

ロードはサブ3が遠くかなたに見えてきた感じですので、まずはサブ3達成したいです!

京都マラソンは3時間10分切りを死守します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東山三十六峰マウンテンマラソン

皆様、ご無沙汰しております
一年半ぶりの投稿になります
去年の皆生トライアスロンの参戦記もスイム編で終わってるし・・・
ちゃんと完走してますよ!

いよいよあしたは東山三十六峰マウンテンマラソンです
大会名がトレイルランニングではなくてマウンテンマラソン・・・
おそらく、この世にまだトレイルランニングという言葉が産声をあげてなかったはるか昔にこの大会はマウンテンマラソンという名称で産声をあげ、今年で第21回目!
ローカルな大会ではありますが、ものすごく歴史のある大会なんです

山登りがブームになり、追いかけるように富士山が世界遺産に登録され、登山者の数が激増しました。
なんでもそうですが、人口が増えると負の側面も顔を出してきます。
マナーの悪い登山者もいます。特にゴミの問題がクローズアップされるようになりました。
山登りをする人に悪い人間はいないと信じたいのですが、どうやら、そうではないようです。
先日の新聞紙面でも、トレイルランニングの負の側面を取り上げていました。
ゴミの問題だけでなく、登山客にぶつかったり、登山客を邪魔者扱いしたり、そんな悲しいランナーがいることを書いていました。
登山客にしてみれば、トレイルランナーは邪魔だと思います。
離合できないような細い山道では、後ろからランナーが来ると急かされているような気になりますし、落ち着いて山も登ってられないと思います。
でも、それはほんの一部のランナーだけだと思うのですが・・・
トライアスロンの大会でも、いつも問題になるのはゴミの問題です。
決められた場所に捨てない!道路はゴミ箱じゃないぞ!と。地域住民がいやがるのもムリはないです。

と、マイナスのことももちろんありますが、プラスもたくさんありますよ!
山に登って景色を眺める。それだけで、心が癒されます。もちろん、ちゃんとマナーを守って登れば、の話しですが。明日出る大会にしても、20年以上前から、コースが整備され、トレイルランナー達の練習場所、レース会場となっていたわけです。
登山客にも親しまれ続けてきた道を明日走ります!

大昔にとてつもない労力を惜しげもなく注いで、コースの整備に尽力された方々に思いを馳せながら明日、一歩一歩噛みしめるように前進し、伏見稲荷のゴールを目指したいと思います!!

雪は降らんといてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日 ひらかたハーフマラソン

めっちゃ前のことですが・・・

水泳部の後輩に誘われて勢いでエントリーしたひらかたハーフマラソンの結果です。

いきなりラップタイムから・・・

スタート~10キロ 49.10
10~11      4.48
11~12      4.39
12~13      4.41
13~14      4.38
14~15      4.37
15~16      4.40
16~17      4.38
17~18      4.40
18~19      4.41
19~20      4.40
20~ラスト    5.42
1.41.39


なかなかによろしくないタイムでした。
年末年始も予想以上に仕事が忙しく、思うように練習できないままレース突入。

しょうじき、ちょっとなめてたんですわ
ホームページ見た感じではなんだか草レース的な雰囲気が漂います。

当日、電車で現地に行ったのですが、枚方公園駅を降りたらうじゃうじゃ人いるし、高校生の陸上部員らが新春初レースってことで気合い入ってるし、河川敷に行けば、すんごい人・人・人やし・・・

草レースかどうかは知らんけど、こんなに多くのランナーが集まる大会なんや、と。
そない練習もしてへんし、21キロジョギング感覚で軽く流したろう、ぐらいの気持ちで臨んでおりました。

でもやっぱり会場行って、あの雰囲気の中にいたらテンションあがってくるわけです。
テンションはあがるんやけど・・・です。
こんなんやったらもっとマジメに練習しとけばよかった・・・
後の祭りです。

練習不足というても、ハーフやし100分はきれるやろうと思っていました。

冒頭にラップタイム書いていますが、最初10キロは49分もかかってます。
いいわけですが、コースの道幅が狭すぎる!
最初の3,4キロは狭いのと人が多すぎるのとで全然思うように走らせてもらえませんでした。
だんだんバラけてきますが、それでもあの道幅であの人数はムリがあるんとちゃいますか。

100分きるには4分40秒ペースで大丈夫ですが、前半にかなりロスしてるので4分40じゃアカンということを走りながら計算していて、15キロ地点ぐらいで気付きました。

もう遅いねん。

けっこう疲れてきてまして、かろうじて4分40ペースで走れても、4分30とか4分20なんかには到底上げられません。
練習積んでいても4分20は厳しいと思いますけど、4分30も厳しいんかいな・・・
練習不足とはいえ、悲しくなりますね。

なんとか走りきりました。

結果にはぜんぜん満足できませんけど、一緒にレース出た、大学日本一に輝いた現役バリバリの大学のトライアスロン部の子らと話できて収穫も多かったです。


やっぱり、結果はどうであれ、ちゃんと練習積んでレースに臨まないと最高の楽しみは得られないです。

7月の皆生がんばろ。

Photo


2月の月間総走行距離

約140キロ   少な


| | コメント (0)

まだ諦めたらアカン!

数字(ノルマ)があるから頑張れるんや!
サラリーマン時代の先輩から言われた一言です。

福知山マラソンで今年のレースも全て終了しました。
めっちゃ楽しみにしていた3月の京都マラソンも落選して、目標がなくなってしまいました。
目標がないと、走ってても張り合いがないなぁ~
7月の皆生までレース無しっていうのもなんだかなぁ~って感じです。

京都マラソン走りたいなぁ。
繰り上げ当選の可能性もあるけど期待せんほうがええやろうなぁと思ってます。

落選の通知を受けてブルーになってましたが、昨日ステキなコメントをいただきました。
まだ諦めたらアカンということです。

ダックス・シミズドラッグストアでVAAM商品を525円以上買えば京都マラソンの出走権に応募できるんです。

仕事帰りに早速ダックスに行ってVAAM買いました。

111201_213743


京都マラソン当たりますように・・・


11月の練習

ラン   175キロ(福知山マラソン含む)

ミニベロ  200キロ

| | コメント (4)

アディゼロ





アディダス  ランニングシューズ  アディゼロ Japan  G41400 アディダス ランニングシューズ アディゼロ Japan G41400
販売元:vansports
vansportsで詳細を確認する

福知山マラソンの会場の特設ブースでシューズが安く売られてましたので1足買いました。
50%OFFで6000円なり
人生初のアディダスのランニングシューズです。
今は2足のアシックスを使用してますが、ほんまはニューバランスが一番好き!
じゃあなんでアディダスやねん・・・
履いてみたかったから、ただそれだけです。

来年のトライアスロンのレースはこの派手なオレンジ色のシューズで快走します!

| | コメント (0)

京都マラソン 落選

昨日メールで通知が来ました。

京都マラソン 落選 です。

トライアスロン友やラン友の十数名は見事に全員落選。
どないなっとんねん。

| | コメント (5)

2011 福知山マラソン参戦記

自分で自分をほめたいと思います。有森裕子さんがアトランタ五輪で銅メダルをとった時の言葉です。

今年の福知山マラソン、ほんまに自分をほめてあげたいと思います。

昨年の福知山マラソンは記憶が正しければFかGゾーンからのスタートでした。(申告タイム順にAからKぐらいまでのゾーンに振り分けられます)
振り分けられたゾーンが適正ではなかったのか、同じゾーンの他の大勢のランナーが実力とかけ離れたタイムを申告したのか、とにかく周りのランナーのスピードが遅い!(←イヤな奴やなぁと思わんとってください)

スタートしてからも数十分ぐらいの間はなかなか思うように走らせてもらえず、フラストレーションの溜まるレース前半となりました。
しかし今になって思えば、2010年のフラストレーション溜まりまくりのレース前半もあれはあれでウォーミングアップになり、結果的にはよかったのかなぁ、と。

今年の申告タイムは3時間20分。
Cゾーンからのスタートとなりました。
昨年はスタートの号砲からスタート地点にたどり着くまでに5分弱もの時間を要したのですが、今年はわずか1分。
昨年と比べても、かなり前からスタートできたことになります。

僕の周りにいるのはおそらく、3時間から3時間30分前後で走るランナーばかりなわけです。
スタート直後のだんご状態も昨年とは全然違うし、とにかくペースが速い!
周りのペースが自分とほぼ同じぐらいなので気持ちよく走れるし、ペース配分も何も考えずフツーに気分良く走っておりました。
気がつけば4分40秒ぐらいのペース。
これは想定していたペースよりも明らかに速い。
こんな超高速ペースで42キロ走れるのか・・・?
もし走れたらとんでもないタイムが出るんじゃないのか???
って気付いた時は既に20キロも超えていたわけです。時すでに遅し。
もう行けるとこまで行ったれ!になってしまったのですが、ここでラップタイムを振り返りたいと思います。


 0キロ~10キロ  47分56秒
10キロ~20キロ  46分19秒
20キロ~30キロ  47分52秒
30キロ~35キロ  25分18秒
35キロ~40キロ  27分00秒
40キロ~42キロ  12分33秒


最初の10キロは少々だんごになってたのでこんなもんとしても、10キロから20キロがかなりのハイペース。
完全に周りに流されてるタイムです。イーブンペースで走るつもりが自分を見失い、とんでもないことになっていました。
20キロから30キロのラップを2キロごとでもとっていればもっと詳しくわかったかも知れませんが、20キロから30キロのどこかで既に疲れが出始め、ペースが明らかに落ちています。

月間200キロ走ったとはいえ、短い距離を積み重ねての200キロです。LSDの練習はほぼ無し。
そんな練習で42キロをイーブンペースで走りきれるはずもなく、当然の結果といえば当然ではありますが、30キロ付近から太ももの筋肉が痛み出し、脚が全く動かなくなってしまいました。

それより前にも実は10キロ過ぎたぐらいから右足裏に違和感を感じておりました。
靴下のグリップがうまく機能しておらず、足裏とこすれていて、今までの経験から皮が水ぶくれのようになっているのが走っていてわかります。なんとか我慢できる痛みですが、痛い。ちょっと右足をかばいながら、様子をみながら距離を踏んでいきました。
皮がめくれることは多分ないと思い、痛みを我慢して走り続けます。
前を走ってた人が着てたTシャツに「痛くても死なへん」って書いてあったような・・・

足裏の痛みよりも、太ももの筋肉の方がはるかに痛い。
体力はまだまだ残っているのに、カラダが言うことを聞いてくれない悔しさ・・・
ラスト10キロはただひたすら我慢というか、痛みを堪えて根性だけで走れてるといった感じです。

歩いている人や膝を屈伸している人、エアーサロンパスを脚の筋肉に噴射させている人などが思った以上にたくさんいましたが、立ち止まったら最後、二度と走れなくなると思い、必死の思いで距離を重ねます。

4分40秒ペースで順調に走っていたのも前半だけで、後半に入ってみるみるペースダウンし、キロ5分、キロ5分20、と気合いだけではどうにもならず、腕時計だけが冷酷に時を刻みます。

皆生トライアスロンでのフルマラソンは暑さと吐き気との闘いですが、今年の福知山は動かない脚、痛みとの闘いでした。同じ42キロでも全く異質のものです。

気持ちをつないでくれるのは1キロごとの距離表示と給水所だけ。
ゴールが近づくにつれて沿道の応援も冷静に聞けるようになり、力をくれました。
「おかえりなさい」とか「あと2キロ!」って声をかけてもらうとほんまに力が沸いてきます。

とはいうものの、ラスト2キロは最初で最後というても過言じゃない福知山マラソンで唯一の上り坂があるわけですが、キロ6分もかかってしまいました。

皆生のフルマラソンもたいがいきついけど、今年の福知山も負けず劣らずきつかったです。
もうちょっと楽にゴールできると思ってたんですけど・・・

途中で気持ちが折れることなく、最後の最後まで食いしばって完走できたこと。
ほんまに自分をほめたいと思います。

よく頑張った!

ご褒美としてサブ3.5達成できました。
それが何よりもうれしいです。


2011 福知山マラソン 3時間27分01秒


給水所のボランティアスタッフの皆様、沿道の応援の方々、本当にありがとうございました。

来年も出れたら出ます!

| | コメント (2)

福知山マラソン参戦記

9月からレースまでの練習内容に不満が残るものの、なかなかええタイムでゴールできました。
まずは5キロごとのラップから・・・


 5キロ   26.41
10キロ   24.49
15キロ   24.10
20キロ   24.15
ハーフ    5.17   ハーフ 1時間45分14秒
25キロ   18.38(20キロ→25キロ 23.55)
30キロ   24.13
35キロ   24.40
40キロ   25.45
42.195  12.07

ネット  3時間30分39秒


ぎりぎりキロ5分きってます。


当日の朝、会場に到着するまではいくつかハプニングがありテンション下がりまくりでした。
しかぁし、荷物置き場で偶然にも僕のすぐ近くに座ってらっしゃった、スーパートライアスリートのBさんを発見!
芸能人に会うよりも嬉しいです。神様のいたずら?に感謝!
すぐに挨拶に行きました。ブログが縁でつながることができた方であります。

会場に到着するまでのマイナスを一気にプラスに転じさせるパワー。
Bさんからパワーをもらいました。

早く走りたい!
号砲までが長く感じられます。
Fブロックからのスタートということで、号砲が鳴ってからスタートラインを超えるまでに4分もの時間を要しました。

スタートラインを超えてからも黒山がばらけるまでにはうんざりするほどの時間を要するわけで・・・

全然思い通りに走れず、フラストレーションたまりまくり、なわけです。
だからといって、ジグザグに走ったり無理やり抜いたりして自滅への一途をたどるようなアホなマネはせず、あくまでも冷静沈着に距離を踏んでいきました。

5キロまでのダラダラ感がタイムにも表れております。

少しずつばらけてくるものの、調子がええのか、前を走ってるランナーを抜きまくり抜きまくり・・・。
25キロぐらいまではそんな感じで快調に走っておりました。

練習でLSDできたのは1回だけ、しかもたったの23キロ・・・。

ここまでキロ5分ペースで来れてるけど、オーバーペースとちゃうやろな。
給水所ではきっちり水分補給もしてきたし、20キロ超えてから1個目のパワージェルも補給したし、足もまだまだ大丈夫!
ビミョーに尿意もあるけれど、いけるとこまでいこう!

30キロを過ぎてもペースは落ちず、前を走っているランナーを確実に一人ずつ一人ずつ抜いていきました。

35キロを過ぎ、終わりが見えてきたあたりで若干のペースダウン。
右足に少し違和感を覚えながらも、前を激走していたASTROMAN(佐渡国際)のキャップをかぶったおじさんについていくことにしました。

レース終了後に選手名簿で確認したところ、還暦越えのおじさんでした。
ものすごいふくらはぎ、力強い走り、さすがバイク190キロをこぐ人の足は伊達じゃない!(佐渡Aかどうか知らんけど・・・)

このおじさんをペースメーカーにして必死で喰らいついていきました。
おかげでペースダウンも最小限におさえることができたわけであります。

ラスト5キロぐらいのところで2個目のパワージェルを補給して最後の力を振り絞ります。

結局ASTROMANのおじさんも抜いて、福知山名物の最後の上り坂も激走して、レース前の目標タイムを15分も上回る好タイムで42キロを走り終えることができました。


久しぶりに出し切った感のある、気持ちいいレースができました。

きつかったけど、本当に楽しい42キロでした。

3時間30分という結果にも今はかなり満足しております。

次はどっかの大会で3時間20分きりたいし、トライアスロンのレースでもサブフォーでランパートを終えたいです。

1センチぐらい鼻を伸ばしたいところですが、まだまだこんなタイムで天狗になるわけにもいかず、さらなる高みを目指して精進いたします。


本日の練習

なし


筋肉痛が・・・

| | コメント (2)

福知山マラソン

無事に完走しました。

ネットで3時間30分でした。

あの練習量、練習内容にしては上出来だと思います。

とても楽しい42キロでした。

レースリポートは明日にでも・・・

今日は疲れました。。。


本日のレース

42.195キロ


月間総走行距離  174キロ


| | コメント (2)

明日は福知山!

久しぶりの福知山マラソンです。

めっちゃ楽しみやねんけど天気が心配・・・。

目標は3時間45分とします。
イーブンペースで走ったとしてキロ5分19秒。

いけそうな気もするし、後半きついんちゃうかなぁって気もするし・・・。
練習で長い距離走ってないのでどこで壁が来るのかさっぱりわかりません。

とにかく楽しんできます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧